ご由緒

松阪神社のご由緒

当社は古来「意悲神社」(おいじんじゃ)と称し、平安時代以前の創立で、飯高の國式内社九座の一座と伝えられているが、その創立の年代は詳かではない。

室町末期の天正十六年(1588年)蒲生飛騨守氏郷が、飯高郡矢川庄の宵の森と呼ばれていた丘に築城された時に、城の鎮守社と定めて、宵の森の南の丘に社を新たに御造営されて出来た神社である。

氏郷は天正十二年(1584年)秀吉公から伊勢の松ヶ島城主に任ぜられ、近江の國日野町から松ヶ島に移ってきたが、その時この宵の森(古くは意悲の森)の地の利に着目して、この森に築城を急いだ。

またこの矢川の庄を「松阪」と名付けて、城下町を作り始めた。即ち、松ヶ島から強制的に寺社や商人を「松阪」へ移住させ、近江の日野商人も招いた。楽市楽座を実施して誰でも自由に商業を営ませた。

またその頃まで海岸よりにあった、伊勢参宮街道を松阪の中央へ引き入れた。天正十六年に城が完成し、氏郷は入城して「松阪城」と名付けた。

またこの鎮守社に新たに武士尊崇の神である「正八幡様」を勧請して、祭り神として祀り「八幡宮」と唱えた。

後世、江戸に雄飛した伊勢商人が生まれた町が松阪であり、近世の商都松阪の繁栄についても蒲生氏郷は、その基をつくったので松阪の功労者と云える。

氏郷は会津若松へ移封となり、文禄四年(1595年)古田兵部少輔重勝が、松阪城主となって入城し、更に自らの信仰していた宇迦之御魂神(稲荷さま)を勧請して、当社に相殿としてお祀りすることになった。

その後、元和五年(1619年:江戸初期)紀州藩徳川頼宣の領地となり、以後の明治維新までの二五○年余り松阪城は、紀州藩伊勢領十八万石の要地となり、城代の居城となった。

この長い年月、当社の社司を勤め、雨龍神社も兼務していた。代々の紀州藩は、松阪着城の都度必ず当社に参拝し、また毎年一月元旦には、常に重臣を名代として参拝させられた。

明治維新となり、明治二年天皇伊勢行幸の砌、名代として北大路殿を奉幣使として代参させられた。

明治四年には、郷社に列せられ遠近の人々の尊崇を集めた。

明治四十一年には、時の政府の方針により全国で神社合祀が行われた時、松阪に於いても市内各所に祀られていた十七神社が、当社に合祀せられ、社名を「松阪神社」と改名が許可され、今日に及んでいる。

御本殿のご案内

現在の当社本殿は、昭和五年の遷座祭の節、伊勢の豊受大神宮の三御殿の中の一つである、西宝殿をそのまま御下附を受け、松阪市内を「お木曳き」行事を行って造営した神明造の本殿であったものに、千木・鰹魚木・銅板屋根の部分を新しくした由緒のある御本殿であり、飾り金具や御錠・御鍵も共にその時拝受したものに、焼き付けの金メッキを施したものである。

このような豊受大神宮の西宝殿の拝戴は、当地では当社だけであり、江戸時代以来、二十年毎に下附を受け、昭和五年は第八回目の拝戴であった。

御本殿
御本殿
御本殿

御神木(楠の大古木)

鳥のさえづる声が響き、こんもりとした緑が映える四五百之森の中、清々しい気分にひたる松阪神社の境内には、樹齢九百年を越える大楠が聳えています。

鳥居を構え、注連縄の巻かれた松阪神社の御神木です。

この御神木(楠の大古木)は、氏郷が御造営の頃もうすでに、この位置に五百年の経過した木になっており、天空高く四五百之森に聳えている荘厳さは、実に美しい風景である。

樹高二十五メートル・胸高周囲七メートルの大木で、木下には、深さ三メートルの穴があり、太い根は穴の上にまたがって生えています。

この穴は松阪城天守閣近くの井戸に繋がっていたと伝えられています。

楠は常に青々とした葉を繁らせることから、生命力があると「不老長寿」「無病息災」の象徴とされ、長生きにあやかろうと「長寿楠」として拝む人も多くいます。巨木の持つ安心感、そして根元にあいた穴の壮大な神秘性から、松阪のシンボル的な存在ともなっています。

御神木(楠の大古木)
御神木(楠の大古木)

少名彦命様(境内社)

少彦名命社は、松阪市愛宕町より、昭和38年2月22日に当社境内に造営鎮座祭が斎行され、出来たお社です。少彦名命は「古事記」や「出雲神話」などに登場する神様で、“一寸法師”の童話のモデルとも云われています。また、薬や酒を造ったとされ、特に病気平癒に御利益があると、信仰を集めています。

どうか、毎年2月22日には、少彦名命社にご参詣頂き、健康で明るい日々をお送り頂きますことを、御祈念申し上げます。

少名彦命様(境内社)